読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

クリプト・サーバントが あらわれた!

f:id:HermitInn:20170406114946j:plain

主君の後を追い、殉死させられた従者のなれの果て。死してなお主君に尽くす哀れなアンデッドである。君の手で、死なずの呪いを解いてやれ。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

モンスターガイド:クリプト・サーバント

かつては、有力者が葬られるとき、しばしば家臣が殉死をとげ(その多くは、本人の望まぬものであったが)、主人と共に埋葬された。彼らは死後の世界、すなわち〈冥界〉においても、主君によく仕えることを期待されたのだ。それがまさか、朽ち果てた姿で現世に蘇り、死の安息すら許されぬまま永劫に働き続けることだったとは、誰も予想しなかったであろう。

 

クリプト・サーバントは、墓所に溜まり込んだ負の魔力によって自然に蘇る場合がほとんどだ。このアンデッドは生前、給仕や炊事など、主君の身辺の世話をした者のスケルトンである。その行動は決まりきっており、何の変哲もない日々の務めを、粛々とこなし続けるだけだ。

 

生前の記憶はほとんどないが、墓守が自分の務めであることを心得ており、回廊に火を灯して廻ったり、棺桶を磨いたり、罠の手入れをしたりして、休むことなく働く。長年誰も入っていないはずの墓所に踏み込んだ君が、薄暗い回廊で揺れる灯の列を見つけたとしたら、そこにはクリプト・サーバントがいると考えてよい。クリプト・サーバントは戦闘をほとんど経験していないため、出会ったらすぐに撃退できるはずだ。