読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

ほっぽうの ながれものと であった。

f:id:HermitInn:20170331210942j:plain

南方での暮らしが長くなると、北方人であっても、次第に南方風の装備を好むようになる。それは彼らが故郷の誇りを捨てた訳ではない。目立ちすぎると命が縮むことを心得ているからだ。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

アドベンチャラーズガイド:バーバリアン(野人)④

冒険者や傭兵として南方を遍歴する北方人の外見は両極端である。ひとつは、誰に何と言われようと、故郷の風体を守ろうとする者。そして、装備をあっさり南方風に変え、土地に馴染んでしまう者だ。

 

もしも目の前の野人冒険者が南方風の装備に身を固めていたら、その者は相当な場数を踏んでいる。故郷から出てきたての野人は、誰もが一目でそれとわかる風体をしているからだ。とはいえ、いかに長期間南で過ごしていようと、故郷の服装を守ることに固執する者も多いから、野人らしい風体をしているからといって、不慣れとは限らない。

 

北方から流れてきた者の中には、かなり長い期間を南方で過ごし、北方に戻る気がなさそうに見える者もいる。その多くは歴戦の冒険者や傭兵だ。中には稼業を引退し、南方に居つく者も出ているようだ。彼らが故郷を捨てたのか、あるいは帰る故郷がすでにないのかを、あえて尋ねる者はいない。