ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

リザードマン が あらわれた!

f:id:HermitInn:20170227221247j:plain

その知性は決して高くない。だが、彼らをただの直立トカゲと考える者には、無残な死だけが待っている。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

モンスターガイド:リザードマン①

どこからともなく西方の沼地に住み着いた種族。リザードマンが一体どこからやってきたかを正確に知る者はいない。南方の密林に隠された王国、海を渡ったはるか西方の土地、南海に浮かぶ孤島など、学者によってその説はまちまちだ。一つ分かっているのは、西方の沼地に居着いた彼らの文化と知性が、祖先よりもひどく退行していることである。

 

f:id:HermitInn:20170227221510j:plain

 

沼地のリザードマンは、衣服らしい衣服をほとんど身につけず、ボロボロの腰布と、骨で作った粗雑な首飾りを稀にまとっているぐらいだ。その体は硬いウロコに覆われているため、防具は実際必要とせず、盾も昔の名残で持っているだけだ。めいめいに武器も持つが、扱いはそれほど上手とは言えない。だが、彼らは恐るべき戦士だ。しなやかな尾による一撃と、その巨大なアゴによるひと噛みこそ、彼らが最も得意とする攻撃なのだから。