ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

サハギン が あらわれた!

f:id:HermitInn:20170223174957j:plain

サメと人間を掛け合わせたような外見を持つ邪悪なる種族。投げ網や銛を巧みに用いて漁を行うが、サハギンが何より好むのは、新鮮で温かい人肉である。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

モンスターガイド:サハギン

海や河川を行き交う交易商に「水の悪魔」と恐れられる魔物。水夫や海兵たちは、サハギンとの遭遇を嵐よりも恐れるという。サハギンがいかにして生まれたかは、学者たちの論戦の的だ。海中に没した古代帝国の末裔だと言う説もあるし、エルフが〈深淵〉の瘴気にあてられ、歪められた姿と唱える学者もいる。

 

f:id:HermitInn:20170227222918j:plain

 

サハギンはかつて、世界の海を支配していたという。だが、海中における大戦争に敗れて彼らの帝国は滅びた。サハギンは今や散り散りの小集団となり、その数を減らしながら、生き残る場所を探している。かつては海沿いの村や町を襲うばかりであったが、最近は河川を遡上し、淡水に適応したサハギンの目撃例も跡をたたない。

 

サハギンは優れた漁師であり、戦士だ。サハギンは強い日光に晒されると目がくらむため、昼間は大抵水底で過ごしている。夕暮れどきになると水底を離れ、水上を行き交う船やイカダを襲うのだ。月のない夜には大胆にも陸に上がり、近くの村や船着場を荒らすこともある。