ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

サキュバスが あらわれた!

f:id:HermitInn:20170327114128j:plain

蹄と角を持ち、尾と翼を備えた悪魔。彼女が望めば、どんな姿にも変じられるという。夜会や街路、酒場などで君に熱い視線を送る異性が人間とは限らぬ事を、よく肝に命じておけ。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

モンスターガイド:サキュバス

種族の繁栄には繁殖が不可欠だが、その衝動、つまり色欲との向き合い方は、種族、時代、文化、信仰、教養、個人の考え方や嗜好により異なる。知的種族の間では、「規範」や「倫理」、あるいは「道徳」「信仰」などを用いて、性的な欲望の発露を(表面的なものにすぎないが)抑え込むものだ。だが、本能に刷り込まれた性への憧憬は、いくら背徳や堕落と罵られようと生物の真髄である。抑圧されればされるほど、人々の心のうちには淫らな欲望が根を張ってゆくのだ。

 

サキュバス。淫魔、あるいは色魔、夢魔とも呼ばれるこの悪魔は、言うまでもなく〈深淵〉を故郷とする存在だ。彼女らは、抑圧された性衝動や鬱屈した性感情を貪ることで滋養を得る。異端者らの間で〈解放者〉の名でも知られるインキュバスは、主に人間の男女と関係を持つことを好む。人間は短命であるためか、他の種族に比べて欲望が強く激しいからだ。堕落しやすいから、とも言われる。事実、善なる種族と呼ばれる人々のうち、悪の勢力に与する者の割合と数が最も多いのは、人間だ。

 

サキュバスと関係した者はそのまま衰弱死するが、サキュバスに気に入られると、しばしば恋人のような関係になるそうだ。とはいえそれも一時的なものに過ぎず、犠牲者は遅かれ早かれ死ぬ。サキュバスは性愛を好むが、特定の者への恋慕、あるいは執着という観念を持たぬ。仮に一時的にそう見えたとしても、それは犠牲者を弄び、楽しむ為にやっているに過ぎない。