ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

メアゼル が あらわれた!

f:id:HermitInn:20170208170327j:plain

メアゼルと遭遇したら、彼らの武器よりも、その肌に触れないように気をつけろ。その不潔な肌に浮かぶ赤い斑点は危険である。彼らが例外なくかかっている皮膚病をうつされたら最後、君の肌は粟立ち、やがては生きながら腐り落ちてゆくのだ。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

モンスターガイド:メアゼル

ミアゼル、マーゼルとも呼ばれるこの悪意に満ちた種族は、遠目からではオークの若者のように見えるかもしれない。だがそれは大きな誤解だ。メアゼルは恐るべき皮膚病の媒介者であり、オークはむろん、他の邪悪なる種族たちですら、メアゼルとの接触を可能なかぎり避ける。

 

メアゼルは単独、あるいは数人で住処を作るが、その男女を外見で見分けることは難しい。だが、男女の区別なくメアゼルは凶悪な敵となりうるし、その肌が媒介する恐るべき病に差はない。他の生き物、こと知的な種族は誰しもミアゼルと関わらないようにするため、本来であれば死滅するような環境下(たとえば強大な魔物の巣窟)においても、メアゼルは悠々と暮らしているようだ。

 

メアゼルの数は多くないが、彼らの媒介する皮膚病は、ほとんどの種族にとって厄介な代物である。その治癒方法は知られておらず、聖職者による癒しの術ですら病の進行を止めるのみで、完治は難しいようだ。