ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

へんじがない。ただの しかばね のようだ。

f:id:HermitInn:20170126124707j:plain

君は、同業者の死に立ち会うこともあろう。弔う? それは素晴らしい考えだ。だが少し頭を使いたまえ。彼らは死んだ。何の遠慮をしている? 死者には要らない物を、沢山持っているじゃないか……

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

アドベンチャラーズガイド:さればとて 死人に金は いるまいて

冒険者にとって、非業の死は半ば宿命だ。その亡骸は墓標もなく、埋葬されることもないまま、人知れず朽ちてゆく。それどころか、怪物の餌にされたり、邪悪な軍旗に死体を縫い合わされたり、死霊術師の手でアンデッドにされ、永遠の闇をさまようかもしれぬ。ひとたび冒険者となった者には、時に「死よりも悪い運命」が待っているのだ。


だから、もし君が冒険者の死に場所に出くわしたなら、明日は我が身と肝に命じておけ。彼らを弔うだけなら田舎司祭にも、身ぐるみ剥がすだけなら野党にもできよう。だが、真の敬意とともにその遺志を(つまりは、装備品を、という意味だが)受け継ぐことができるのは、同じ覚悟を持つ冒険者だけなのだから。