ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

たからもの を みつけた!(1)

f:id:HermitInn:20170126122522j:plain大量の金貨に宝石、装飾細工、そして豪勢な宝箱の数々。もし君が宝物を見いだしたらどれを持っていくかよく考えることだ。宝物は重くかさばるし、文明圏に戻るまでは、何の役にも立たない。なお、盗賊がいないのであれば、宝箱を開けるのは諦めろ。たいてい鍵がかかっているか、残忍な罠が仕掛けられている。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

アドベンチャラーズガイド:この宝は誰のもの?

冒険者がその命を張って手に入れる最大の報酬といえば、魔物や怪物、悪人どもの溜め込んだ宝物を「正当な権利にしたがって」我が物にできることだ。邪悪(とされる)存在から奪ったものは、社会通念上、新しい持ち主がその所有権を主張できる。むろん、特定の何かを取り戻すことが依頼の内容であれば、その限りではない。


他方の怪物たちにすれば、住処を襲撃し、彼らの尊い命とささやかな財産を根こそぎ奪い取る君たちほど、邪悪で強欲な押し入り強盗はいない。以前も書いた通り、善か悪かはどうあれ、正義はどちらの立場にもある。この世に絶対的な正義などありはしない。肉食を野蛮と罵る修験者たちでさえ、野菜の声なき声に耳を傾けずにその命を食らう。食べることを悪となすのであれば、人もまた滅びるしかない。生きるとは、他者の命を奪うことでのみ成り立っているのだ。

 

しかし君は生きねばならぬ。ゆえに君は、君自身の信じる正義をなすことだ。それがもしオークの住処に押し入り、その子供たちをなぶり殺すことであっても、あるいはオークと共に町を襲い、君と同族の家並に火をかけることであっても。