ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

ハーミットイン「冒険の記録」へようこそ

 

f:id:HermitInn:20170418181057j:plain

ここは小さな宿屋だ。酒場に行けば、小さな暖炉の周りに集まった冒険者たちが、色々な冒険譚を聞かせてくれるだろう。商店では、君が見たこともないような、あるいはどこかで見たような品々が、ろうそくの薄明かりに照らされて君を出迎えてくれるはずだ。二階の屋根裏部屋も訪ねてみるといい。隠された工房の秘密を覗けるかもしれない。森に行くなら気をつけろ。そこは怪物たちの棲む場所だ…。

 

ようこそ

オールドスクール・ファンタジーミニチュアの魅力が解説される場所であり、商店(オンラインストア)や図書室(note)ともつながる場所だ。ここでは、「冒険の記録」をどう楽しむかについて紹介しよう。

 

ミニチュアエントリー

それぞれのエントリーには、解説がある。これらは、君たちにオールドスクール・ファンタジーの世界観を紹介し、想像力と創造力の翼を広げてもらうため、ハーミットインで特別に書き起こしたものである。オールドスクール・ファンタジーになじみのない人にとっては、良いとっかかりになるはずだ。これは、様々なメーカーから届けられたミニチュアたちを、ひとつのオールドスクール・ファンタジー世界観にまとめる試みでもある。

 

すべてのミニチュアエントリーを読めば、君もオールドスクール・ファンタジー博士だ。次は実際にミニチュアを集め、この世界を君自身の手で完成させてほしい。

 

いうまでもなく、「冒険の記録」での解説はひとつの例にすぎない。君のミニチュアが描き出す世界の持ち主は、他ならぬ君自身なのだ。ハーミットインの解説を拠り所にして楽しんでもいいし、君が望むように変えてもよいし、完全に無視してもかまわない。ここで紹介された解説を参考に、君自身のオールドスクール・ファンタジー世界を作り上げてもらえれば嬉しいかぎりだ。

 

ミニチュアかいせつ

君は数々の冒険者と知り合い、村人や町人と話し、従者を雇い、数々の怪物たちと出会うことになるだろう。ここでは、コレクションスタイルに合わせてミニチュアを整理してある。探検する楽しみを味わってくれ。

 

 種族・種別で探したい

タイトルの下に「冒険者」「オーク」「トロール」「ドワーフ」といったように、ミニチュアの種族や職業、あるいは種類別のタグを見つけることになるだろう。これは、君の手がかりだ。気になるミニチュアに出会ったら、記事についているタグをクリックするか、タップしてみろ。そのミニチュアの「仲間」たちが君を出迎えてくれるはずだ。

 

《メーカー》で探したい

ハーミットインでは、世界のミニチュアメーカー各社から選りすぐったアイテムを取り揃えている。もし君が、メーカー別にミニチュアを見たいのなら、メーカーのタグを見るといい。ブログ内において、メーカーの名前はすべて《》でくくられているが、「商店」では《》なしで検索してくれ。

 

【ミニチュアデザイナー】で探したい

ミニチュアは、デザイナーによる手作業で原型が作られ、熟練のモールドメーカーによって複製され、経験豊かなキャスターの手で型抜きされる。デザイナーの中には、特定メーカーだけでなく、複数のメーカーで活躍しているデザイナーも多い。デザイナーはそれぞれ独自のスタイルや味わいを持っているものだ。特定のミニチュアデザイナーを追いかけてコレクションを楽しむのも面白い。ブログ内において、デザイナーの名前タグはすべて【】でくくられているが、「商店」では【】なしで検索してくれ。

 

これは未完だ

「冒険の記録」は、君にとっての旅だけではない。俺たちハーミットインにとっても、これは果てしのない冒険だ。このブログは未完であり、始まったばかりである。これからも数々のエントリーが追加されていくだろう。実際、商店にミニチュアはあっても、初公開(2017年4月19日12:00)の時点で、ブログにまだエントリーのないミニチュアがある。どれがそうかは、君自身が確かめてくれ。

 

今後、ハーミットイン商店には新製品がドンドン追加されてゆくし、一方で、姿を消すミニチュアたちも出てくるだろう。17年の4/23に「インデックス」が追加されたように、今後もどんどん姿を変えてゆくだろうし、noteやストアと連動した何かがあるかもしれない。

 

この場所は生きている。その道程も含めて、共に楽しんでゆけたら嬉しい。

 

楽しんでくれ!

 

 

 

f:id:HermitInn:20170202132504j:plain