ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

ラバひき が きみを せっとくしてきた。

 

f:id:HermitInn:20170124164955j:plain

ラバが言うことを聞かない? ラバの世話が大変?それならば、ラバ引きを雇うことだ。英雄たるもの、ラバのフンにまみれるわけにはいかないだろう?

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

アドベンチャラーズガイド:ラバに歩いてもらうには

荷運び役として冒険者一行に欠かせないラバだが、その頑固極まる気性は、同時に悩みの種。ひとたびラバのご機嫌を損ねようものなら、目的地に着くまえに精根尽き果てようものだ。なにしろ相手は動物だから、そもそも機嫌を推し量るのさえ難しい。おまけに彼らと対話できるレンジャーやドルイドは、大抵の場合、君ではなくラバに味方するのである!

 

では、どうすればいいか? 悪いことは言わない、ラバ引きを雇いたまえ。彼らはラバの飼育と扱いに長けており、この気難し屋に言うことを聞かせるコツを、よく心得ているのだ。また、ラバは賢い動物であるため、自分のことをよくわかってくれる人間がいると安心するし、むしろ喜んで仕えてくれる。第一、ラバの水や食事、出るものの始末を君自身がやらずに済むなら、それだけでもずいぶん気が軽くならないかね?

 

無論、ラバ引きを長期間雇うとなれば、結構な金がかかるだろう。だが、その出費を渋るベテラン冒険者は、ほとんど存在しない。一瞬の気の緩みが死につながる冒険行において、頭を悩ませる雑事がひとつ減るだけで、どれだけ生存率が上がるかを、身に沁みて知っているからだ。君もけして、ラバ引きへの敬意と対価を惜しまぬこと。さもなくば暴れるラバに手を焼き、その扱いをめぐって言い争っている隙に怪物の襲撃を受け、ラバもろとも食われる羽目になる。