ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

ラバ が きみを まっている。

f:id:HermitInn:20170115201757j:plain

ラバとは、オスのロバとメスの馬の間に生まれた雑種の家畜。体力とスタミナが高く、重い荷物を運ぶにはぴったりだ。言うことを聞かせるのは、なかなか骨が折れるが…

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

アドベンチャラーズガイド:君が思うほど、ラバは君を好いてない

荒野を旅する冒険者稼業では、体力の無駄な消耗は禁物だ。また戦闘となった場合、動きの鈍さは死に直結する。ゆえに一流の冒険者は、戦闘と冒険に必要な最低限の装備しか、身に帯びようとしない。だがそれでは、食料や寝具をはじめとする旅支度は、いったいどうやって運んでいるのだろう? 答えは簡単、運搬人なりラバなりに運ばせているのだ。

 

ことにラバは、荷物運びにうってつけ。粗食でもよく働き、病気にもかかりにくく、大きな荷物を背負ってどこまでも歩ける体力を持っているうえ、とても利口だからである。そのぶん人々の日常生活でも頼りにされているため、農村ではほとんど売りものがない反面、街の家畜市でなら極めて容易に手に入る。もちろん値段はそれなりに張るが、同じ量の荷を運べる運搬人を長期間雇うより、結局は安上がりな場合がほとんど。まさしく冒険者一行にとって、金が貯まったら真っ先に迎えるべき「4本足の新メたな仲間」なのである。

 

ただし、扱いにくいその気性だけは玉に瑕。「ラバのように頑固なやつ」という言い回しもあるように、一度機嫌を損ねるとテコでも動かず、無理強いなどしようものなら、背丈を馬鹿にされたドワーフさながらに暴れ回る。食事や水の世話をきちんとするのはもちろん、手荒に扱ってご機嫌を損ねぬよう気をつけること。さもないと、手ひどい仕返しを受けるだろう。ラバの蹄は蹄鉄なしでも充分硬い。