ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

じょうだいかっか が きみを よびつけた。

f:id:HermitInn:20161227224649j:plain城代とは、城郭の守備を任された最高位の者であり、城下町の衛兵を束ねる者でもある。もし君が彼と話すことがあるなら、城代閣下のプライドを傷つけないことだ。全ての貴族や城代が無能なわけではないが、彼らがひとしく有能であれば、この世界はもっと明るい場所であったろう。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

アドベンチャラーズガイド:町の守護

柵で囲っただけの農場や、土塁程度の守りしかない小さな村落ならともかく、町と呼んでしかるべき規模の居住地は、防壁を巡らせ、塔を配置して外敵の攻撃に備えるものだ。ことに領主の住む町は防備も厚く、ときには無数の塔や砦、堀や何重もの壁を伴う一大城塞都市にまで発展することがある。

 

ただし大規模な町でも、居館が余所にもあって領主が不在がちだったり、そもそも領主の居城がないまま発展した例も、また少なくない。こうした場合には、町の名目上の支配者である領主、ないしは市評議会が城代を任命するのが通例である。城代は、平時は町の警察機構である衛兵隊の長として働き、戦時となれば町と城の防衛指揮を執るのだ。

 

もっとも、城代の実力と権限がどれほどのものかは、一概には言えない。邪悪なる軍勢がいつ襲ってきてもおかしくない辺境の町では、よほどの力量と経験の持ち主でなければ務まらないだろうが、豪商の同業組合や宗教組織など複数の権力中枢を持ち、警察組織自体も肥大化して一元的な監督が不可能な巨大都市では、単なるお飾りかもしれないというわけだ。だが、位の高い領主の家臣か、金で地位を買った成金かにかかわらず、城代を敵に回せば町の支配者も敵に回すことになる。もちろん向こうもその点は心得たもので、目端の利く城代ともなると、公にできない事件の解決を、冒険者に押し付けてくることもあるだろう。