ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

バアさん が いかっている!

f:id:HermitInn:20161226124405j:plain

近所で有名なバアさん。昔から怒りっぽかったが、近頃は麺棒を振り回すようになり、それが料理の道具なのか、彼女専用の棍棒なのか、本人も分からなくなっているようだ。

 f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

アドベンチャラーズガイド:老人について

この世界は過酷だ。街の外では怪物や野盗が跋扈し、疫病や飢饉のあぎとは市壁の中にまで伸びてくる。医者を名乗る者の多くは詐欺師で、ごく稀にいる本物も無力に等しく、治癒の魔法や神々の奇蹟を受けられるのは、金か権力か、あるいはよほどの幸運の持ち主だけ。かような世にあって、死はまさしく日常なのである。

それだけに、肌が皺くちゃになるまで生き延びた老人は貴重な存在だ。彼らの多くは、長い経験により培った智慧で、若者に尊い助言をなす。一方で肉体的には脆弱であるため、子供と並んで社会的庇護を最も必要とする人たちだ。それゆえに「高齢者を敬うべし」という道徳規範が、多くの共同体で支持されているのである。とはいえ、それはあくまで一般論に過ぎない。単に老いさらばえただけの愚かな者も確かにいるし、年寄りに過酷な結末を強いる風習も、一部の辺境では未だ根強いのだ。

 

すべての年寄りがか弱く穏やかとは、間違っても思わぬことだ。とんがり帽子に杖という姿なら言うに及ばず、酒場でとぐろを巻いているだけの老人が、実は途方もない人脈を持っていたり、驚くべき戦闘能力を備えているかもしれない。まして「おっかない」と評判のバアさんであれば、なおさらである。