ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

レッサーゴブリン が あらわれた!

f:id:HermitInn:20170131194502j:plain

オークやゴブリンの奴隷階層にあたるのが、ことさら体の小さいレッサーゴブリンたちだ。彼らが相手ならば、たとえ君が駆け出しの冒険者であっても、まるで自分が英雄になったかのような感覚を覚えることだろう。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

モンスターガイド:レッサーゴブリン①

ゴブリンは、世界のあらゆる環境で栄える小人種族だ。血縁的にはオークと近しい。非力で臆病だが、しばしば賢きエルフすらも出し抜く邪悪なひらめきを持つ。ゴブリンには数多くの亜種がいるが、ことさら小さな体を持つレッサーゴブリンは、「下等なゴブリン」の名のとおり、同族でもっとも卑下されており、奴隷としてこき使われている。

 

彼らは明るい褐色、あるいはピンクのかった飴色の肌をしており、遠目ではまるで人間の子供のようにすら見える。だがその顔は醜く、オークやゴブリンの眷属であることは疑いようがない。

 

レッサーゴブリンは大人数で生活を共にするが、自分たちだけで住処を持てることはほとんどない。多くは他より強大なオークやゴブリンのもとで奴隷となっているし、そうでない者は、自活できずに死んでしまうからだ。つまり、レッサーゴブリンを見かけたとしたら、すぐ近くに彼らの主人がいるということである。