ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

げんじゅつし が きみを みている。

f:id:HermitInn:20161103182725j:plain

魔法の巻物を取り出しつつ、不敵な笑みを浮かべる怪しげな異邦人。砂漠の国からやって来た幻術師の中には、予見の力を持つものもいるとか。

 f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

アドベンチャラーズガイド:イリュージョニスト(幻術師)

まぼろしを操るウィザード。だが、それは単なるまやかしではない。術にかかった者は、実在しない炎を浴びて丸焼けになったり、存在しない湖にはまって溺れ死んだりすることもあるのだ。

 

人間の幻術は、はるか南にある砂漠の国で発祥したため、いわゆる魔術師(ウィザード)とは、全く別の魔法使いとして分類されてきた。大きな都邑となれば、異国の服装をまとう交易商人や医者などに混じって、彼ら幻術師の姿を見かけることもあろう。中には、冒険者となって一儲けを考える者も少なくない。

 

彼が腕を一振りしただけでオークの精強な部隊がひざまづき、泣き出す光景を見れば、幻術師を仲間に入れてよかったと思うことだろう。もっとも、彼が信用に足る人物かどうかは、よく見定めるべきだが。