ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

やじんのせんし が きみを みている。

f:id:HermitInn:20161030214015j:plain

北方からの流れ者。南方風の装備に身を固めているが、毛皮のマントが彼の出身を感じさせる。伸び放題の乱れ髪に、獣がごとき光る眼。この北方人、ただ者ではない。

 f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

アドベンチャラーズガイド:バーバリアン(野人)①

凍てつく大地に産まれついた北方人は優れた戦士であり、その腕っぷしを頼りに、傭兵や冒険者として身を立てる。そのきっかけは、自分の部族が全滅するなどして放浪を強いられた場合が多いが、中には己の力を試すため、あえて故郷を離れる者もいるようだ。

 

北方にも王国はあるが、多くの北方人は、今なお部族単位で暮らしている。彼らが「蛮族」「野人」などと呼ばれるのは、その外見や生活様式が明らかに前時代的で、むやみに粗暴な神々を信仰しているからだ。 

 

北方人は、南方人(北方人は、自分たち以外の人間をすべてこう呼ぶ)を「軟弱で根性なし」と考える。肉を生のまま食えない、厚着ばかりする、夜の間ずっと眠るなどといった、“南方”の感覚は理解しがたいようだ。