読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

雇い人と従者

おっと どうぎょうしゃ の ようだ。

どうやら仕事帰りらしい。各地に点在する遺跡や古代の墓を荒らして回るのは、冒険者の常だ。敵に出くわしたのだろう。ケガをしているようだ。キズを治してやる代わりに、カバンの中身を少し分けてもらえるよう、交渉してみたらどうだ? アドベンチャラーズガ…

ぼうけんしゃのさかば (4)

荷物運びや道案内、あるいは肩を並べて戦う部下として。長旅に赴くなら、雇われ人や傭兵、従者の類を連れていけ。地味な割に危険の大きい、なり手の少ない仕事だが、それだけに一流のプロを雇うのが、賢い冒険者というものである。 従者と傭兵たち ボックス…

うんぱんにん は おびえている。

何度でも言う。運搬人を雇え。英雄たる君が重い物を持ち歩く必要もなかろう。ラバほどの重い荷物は運べないが、何せ彼は人間だ。息を殺し、身を潜めなければならない時に、突然いななくことはない。泣き出すことはあるだろうが……。 アドベンチャラーズガイド…

ランタンもち は しごとを うけおった。

迷宮探索や夜の行軍において、ランタンは必須の品。自分で持って片手を塞がれたくないなら、ランタン持ちを雇え。驚くほど安い値段で、君の生存率がぐっと高くなる。 アドベンチャラーズガイド:銅貨数枚で命を張る人々 より良い仕事につくのであれ、その逆…

ドワーフのようへい が うなずいた。

ドワーフ傭兵は、君の一行に相当な打撃力をもたらすだろう。酒場で彼を見かけたら、沢山の酒を飲ませておだて、仲間に引き込め。だが、払うものもしっかり払わなければ、彼の次なる敵は君自身になる。 アドベンチャラーズガイド:ドワーフの傭兵② ドワーフは…

ラバひき は にもつを もうもてない。

ラバも食事が要る。屋外ならば道端の草を食ませればよいが、地下迷宮や敵の拠点へ押し入るとならば、ラバの食料確保もひとつの命題だ。ラバを連れていくか、待たせるかの判断も必要だ。ラバ引きがいれば、面倒は見てくれよう。 アドベンチャラーズガイド:ラ…

じゅうきし が はなしかけてきた。

下臣である彼は、君の自尊心を満たし、身の周りの世話をしてくれる。だが、彼の生活と命の面倒を見るのは、主君である君の義務だ。それを忘れるな。 アドベンチャラーズガイド:従騎士と騎士 従騎士(スクワイア)とは、騎士見習いの称号のひとつである。古…

しょき が てまねき している。

文字を読み書きできないなら、書記を雇い入れろ。英雄たる君の集めた宝物の目録をせっせと書き残したり、英雄たる君の代わりに看板の文字を読んだり、英雄たる君の代わりに、作法を守った手紙を書いたりする。もちろん、有料で。 アドベンチャラーズガイド:…

はこびにん を やといますか?

逞しい身体で荷物の運搬を請け負う者は、街中でなら珍しくもない。だが、冒険者に雇われたがる連中もいる。大きく儲けようとしているのだ。 アドベンチャラーズガイド:手助けが必要だろう? 任せな。 通例、冒険者が探索行に同行させる運搬人たちは、なるべ…

あかりもちのこぞう が みちあんない を かってでた。

普段は夜道を行き交う町人らに雇われているが、金払いの良さと好奇心にひかれ、冒険者一行に雇われる「あかり持ち」もいるようだ。 アドベンチャラーズガイド:夜道を照らすあかり 別項でも述べたように、庶民の家庭においては子供も貴重な労働力である。彼…

おんなようへい を おこらせた!

小型の弩(いしゆみ・クロスボウ)を携えた女傭兵。力がさほどなくても装填できる新型だ。おそらく匠の品であろう。相当儲けているにちがいない。 アドベンチャラーズガイド:おんな傭兵一代記 力量も自信もない男ほど誤解しがちなことであるが、女性は男性…

ようへいが きみを みている。

上等な革鎧に身を固めた傭兵。ラウンドシールド(丸盾)を背負い、スピア(槍)を携えている。端正な顔立ちだが、その哀しみをたたえた目は、若者のそれではない。 アドベンチャラーズガイド:戦士と武器の関係 戦士の多くがそうであるように、傭兵もあらゆ…

ようへいたいちょう が ニヤリとした。

しっかりとした作りのパデッドアーマー(詰め物鎧)に身を包んだ傭兵隊長。ブロードソード(幅広剣)と中型のラウンドシールド(丸盾)で武装したこの男、その面構えからして相当の古強者に違いあるまい。 アドベンチャラーズガイド:傭兵団 愛用の武器を手…

ドワーフのようへい が きみを にらんでいる。

一行の戦力は充分か? 万全を期すなら、ドワーフ傭兵を酒場に訪ねよ。彼はかつての戦いで片眼を失ってはいるが、残った方の目が放つ眼光は凄まじい。 アドベンチャラーズガイド:ドワーフの傭兵① ドワーフと人間との交易や交流は、他種族に比べれば盛んなほ…

ラバひき が きみを せっとくしてきた。

ラバが言うことを聞かない? ラバの世話が大変?それならば、ラバ引きを雇うことだ。英雄たるもの、ラバのフンにまみれるわけにはいかないだろう? アドベンチャラーズガイド:ラバに歩いてもらうには 荷運び役として冒険者一行に欠かせないラバだが、その頑…

ランタンもち が しんぱいそうだ。

冒険者一行の行く手を照らす照明の運び手。時々こっそり瓶を舐めているのは、油瓶のなかに酒瓶をまぎれさせているからだろう。少しくらいは大目に見てやれ。彼も命を落とす恐怖と戦っているのだ。君の身入りより、ずっと少ない報酬で。 アドベンチャラーズガ…

うんぱんにん は びびっている。

運搬人は、重たい荷物を代わりに背負って君に同行してくれる。戦士ではないが、長柄のビルフック(鉈鎌)でも持たせれば、自分の身を守ることぐらいはできるだろう。とはいえ、あまり酷使しすぎるな。君が自分で荷を担ぐ羽目になる。 アドベンチャラーズガイ…

ラバ が きみを まっている。

ラバとは、オスのロバとメスの馬の間に生まれた雑種の家畜。体力とスタミナが高く、重い荷物を運ぶにはぴったりだ。言うことを聞かせるのは、なかなか骨が折れるが… アドベンチャラーズガイド:君が思うほど、ラバは君を好いてない 荒野を旅する冒険者稼業で…