読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

ドワーフ

ドワーフのようへい が うなずいた。

ドワーフ傭兵は、君の一行に相当な打撃力をもたらすだろう。酒場で彼を見かけたら、沢山の酒を飲ませておだて、仲間に引き込め。だが、払うものもしっかり払わなければ、彼の次なる敵は君自身になる。 アドベンチャラーズガイド:ドワーフの傭兵② ドワーフは…

ドワーフのようへい が きみを にらんでいる。

一行の戦力は充分か? 万全を期すなら、ドワーフ傭兵を酒場に訪ねよ。彼はかつての戦いで片眼を失ってはいるが、残った方の目が放つ眼光は凄まじい。 アドベンチャラーズガイド:ドワーフの傭兵① ドワーフと人間との交易や交流は、他種族に比べれば盛んなほ…

ぼうけんしゃのさかば (3)

自分のことを、語りたがらない奴らがいる。出自、故郷を離れたわけ、そして戦う意味。何度目かも忘れたくだらぬ問いを、鋭い眼光で斬り捨てながら、亜人の冒険者たちは今日も酒場で待っている。命を預けるに足る、未来の友の足音を。 亜人の冒険者たち ボッ…

ぼうけんしゃのさかば (2)

冒険に身をやつす者のすべてが男というのは、とんでもない誤解である。確かに男が多数を占めてはいるが、女冒険者もけして珍しい存在ではない。その佇まい、まとう空気。彼女らが男による庇護を必要としていないことは、誰の目にも明らかだ。 女冒険者たち …

ドワーフのおんなせんし が きみを みている。

ドワーフの女も、男同様にすぐれた戦士となりうる。冒険者に身をやつした女ドワーフともなれば、なおさらだ。ウォーハンマー(戦鎚)を構えた彼女は、めざましい活躍をしてくれるだろう。 アドベンチャラーズガイド:ドワーフ④ どの城塞都市の出身であろうと…

ドワーフのそうりょ が きみを みている。

ドワーフの神に仕える敬虔なる聖職者。その装備は堅牢で、戦士と見紛うほどの重装備である。蓄えられた知恵と信仰の心で、あらゆる困難に立ち向かう。 アドベンチャラーズガイド:ドワーフ③ 荘厳きわまるドワーフの砦町は、その歴史を紐解けば悪しき種族に何…

ドワーフのとうぞく が きみを みている。

その屈強さが方々で語られるため、ドワーフといえば戦士、との印象がどうも強い。だが、ドワーフの器用さは人間以上だ。罠外しや錠前破りの達人として名をはせるドワーフもいる。長杖で床の感触を確かめ、罠の有無を探っているようだ。 アドベンチャラーズガ…

ドワーフのせんし が きみを みている。

巌(いわお)のごとき肉体と精神を持つ小人種族、ドワーフ。長く蓄えたヒゲは、重ねた齢と誇りのあかし。いかなる危険にも敢然と立ち向かう勇猛な戦士だ。 アドベンチャラーズガイド:ドワーフ① ドワーフは地底、あるいは山をくりぬいた岩屋に住む種族である…