読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

コレクション:アドベンチャラー

ほっぽうの ながれものと であった。

南方での暮らしが長くなると、北方人であっても、次第に南方風の装備を好むようになる。それは彼らが故郷の誇りを捨てた訳ではない。目立ちすぎると命が縮むことを心得ているからだ。 アドベンチャラーズガイド:バーバリアン(野人)④ 冒険者や傭兵として南…

おっと どうぎょうしゃ の ようだ。

どうやら仕事帰りらしい。各地に点在する遺跡や古代の墓を荒らして回るのは、冒険者の常だ。敵に出くわしたのだろう。ケガをしているようだ。キズを治してやる代わりに、カバンの中身を少し分けてもらえるよう、交渉してみたらどうだ? アドベンチャラーズガ…

まがまがしい せきぞう を みつけた!

冒険者たちは、ついに伝説に謳われた悪魔の像を見出した。両眼にはめ込まれた真紅の宝石は、巨万の富をもたらすに違いない。彼らが像の眼にノミを入れた瞬間、どこかで物音がしたようだ。しかし、興奮した盗賊たちはそれに気づいた様子もない……。 アドベンチ…

ぼうけんしゃのさかば (4)

荷物運びや道案内、あるいは肩を並べて戦う部下として。長旅に赴くなら、雇われ人や傭兵、従者の類を連れていけ。地味な割に危険の大きい、なり手の少ない仕事だが、それだけに一流のプロを雇うのが、賢い冒険者というものである。 従者と傭兵たち ボックス…

しゃりん の きしむおと が きこえる。

魔法使いが荷車に乗っているということは、「何かとんでもない冒険が待っている」という予兆に他ならない。 アドベンチャラーズガイド:魔法使いとラバの荷車 ラバは荷車をひくこともできる。背中におさまらないほどの荷物を運ばせたいなら、荷車を買い入れ…

キャンプ を はりますか?

キャンプ! こうした小道具をミニチュアで準備できれば、冒険はさらにエキサイティングなものになる。寝床の上にある装備を見てごらん。持ち主が誰かわかるかい? アドベンチャラーズガイド:今日はここで朝を待つ 冒険の途中、冒険者がいつも屋根のある宿で…

さがせば なにか あるかもしれない。

こうしたミニチュア小道具をまとめてひとつのベースに乗せれば荷物置き場や市場の片隅を演出できる。あるいは、バラバラに使うのもいい。ミニチュアのベースデコレートに使ったり、ジオラマの小道具にするのも熱い。なくて困ることはあっても、あって困るも…

このさきは きけんだ……ぐふっ

息のある者がいれば、介抱してやることだ。彼は君に感謝してくれるだろうし、思いがけない情報を教えてくれるかもしれない。 アドベンチャラーズガイド:私を助けてくれたのか… 瀕死の冒険者を見かけたとき、多くの人はどういう行動を取るだろう? 致命傷か…

たからもの を みつけた!(2)

怪物たちが溜め込んだ宝の中には、途方もない価値を持つものも多い。君が幸運であれば、魔力の込められた武器や防具を手にすることもある。もっとも魔力の鑑定は必須だ。呪われた品を身につけ、破滅したくはなかろう? アドベンチャラーズガイド:マジックア…

へんじがない。ただの しかばね のようだ。

君は、同業者の死に立ち会うこともあろう。弔う? それは素晴らしい考えだ。だが少し頭を使いたまえ。彼らは死んだ。何の遠慮をしている? 死者には要らない物を、沢山持っているじゃないか…… アドベンチャラーズガイド:さればとて 死人に金は いるまいて …

たからもの を みつけた!(1)

大量の金貨に宝石、装飾細工、そして豪勢な宝箱の数々。もし君が宝物を見いだしたらどれを持っていくかよく考えることだ。宝物は重くかさばるし、文明圏に戻るまでは、何の役にも立たない。なお、盗賊がいないのであれば、宝箱を開けるのは諦めろ。たいてい…

たくましい やじん と であった。

北方部族では、若者を鍛える〈ますらお試し〉の一つとして、南方での旅をすすめることがある。かつては南方での略奪や侵略、あるいは北方での魔獣退治を意味したが、最近は随分様変わりしてきているようだ。 アドベンチャラーズガイド:バーバリアン(野人)③…

ぼうけんしゃのさかば (3)

自分のことを、語りたがらない奴らがいる。出自、故郷を離れたわけ、そして戦う意味。何度目かも忘れたくだらぬ問いを、鋭い眼光で斬り捨てながら、亜人の冒険者たちは今日も酒場で待っている。命を預けるに足る、未来の友の足音を。 亜人の冒険者たち ボッ…

ぼうけんしゃのさかば (2)

冒険に身をやつす者のすべてが男というのは、とんでもない誤解である。確かに男が多数を占めてはいるが、女冒険者もけして珍しい存在ではない。その佇まい、まとう空気。彼女らが男による庇護を必要としていないことは、誰の目にも明らかだ。 女冒険者たち …

ぼうけんしゃのさかば (1)

善良な地元民ならば近寄りもしない路地裏には、いかがわしい酒場があるものだ。こうした酒場の多くは宿屋でもあり、町のならず者たちに混ざって、富と名声を求める冒険者のたまり場となっている。物騒なこと極まりないが、腕の立つ道連れを探しているなら、…

ハーフリングのとうぞく が また やらかした!

ハーフリングは陽気で善良な友人だが、いかんせん手癖が悪い(本人に盗んだつもりはないので、そう言われるとひどく傷つく)。だがこの小さき人は、それでもなお愛すべき、また頼れる仲間なのだ。 アドベンチャラーズガイド:ハーフリング② 内気なハーフリン…

ハーフリングのせんし が きみを みている。

ハーフリングは、その温厚さと小柄な体、気弱な性格から臆病者と誤解されるが、そうではない。小さき人は勇猛果敢であり、危機に動じない強さを持つ。彼がそれを証明してくれるだろう。 アドベンチャラーズガイド:ハーフリング① ハーフリングとは、その名の…

ノームのとうぞく が きみを みている。

ノームは、手先が器用なだけでなく、故郷の家を敵から隠すため、幻術のわざを長年磨いてきた。ノームの盗賊は、持ち前の技術に加え、幻術を用いることで、完璧な仕事をこなしてくれる。 アドベンチャラーズガイド:ノーム③ ノームのよそ者嫌いは相当なもので…

ノームのおんなせんし が きみを みている。

ノームの女も、時として冒険者に身をやつすことがある。彼女にしてみれば望まぬ旅であろうが、弩(クロスボウ)を自在に使いこなす戦士なら、同行者として実に頼もしい。 アドベンチャラーズガイド:ノーム② ノームは見た目こそドワーフに似ているが、気質の…

ノームのせんし が きみを みている。

ドワーフほどの筋力やスタミナこそないが、ノームはすぐれた細工職人であり、また勇猛である。この戦士は、腕の短さをハルバード(鉾斧)で補っているようだ。 アドベンチャラーズガイド:ノーム① ノームはドワーフの親戚にあたる種族で、多くの共通点を持っ…

ドワーフのおんなせんし が きみを みている。

ドワーフの女も、男同様にすぐれた戦士となりうる。冒険者に身をやつした女ドワーフともなれば、なおさらだ。ウォーハンマー(戦鎚)を構えた彼女は、めざましい活躍をしてくれるだろう。 アドベンチャラーズガイド:ドワーフ④ どの城塞都市の出身であろうと…

ドワーフのそうりょ が きみを みている。

ドワーフの神に仕える敬虔なる聖職者。その装備は堅牢で、戦士と見紛うほどの重装備である。蓄えられた知恵と信仰の心で、あらゆる困難に立ち向かう。 アドベンチャラーズガイド:ドワーフ③ 荘厳きわまるドワーフの砦町は、その歴史を紐解けば悪しき種族に何…

ドワーフのとうぞく が きみを みている。

その屈強さが方々で語られるため、ドワーフといえば戦士、との印象がどうも強い。だが、ドワーフの器用さは人間以上だ。罠外しや錠前破りの達人として名をはせるドワーフもいる。長杖で床の感触を確かめ、罠の有無を探っているようだ。 アドベンチャラーズガ…

ドワーフのせんし が きみを みている。

巌(いわお)のごとき肉体と精神を持つ小人種族、ドワーフ。長く蓄えたヒゲは、重ねた齢と誇りのあかし。いかなる危険にも敢然と立ち向かう勇猛な戦士だ。 アドベンチャラーズガイド:ドワーフ① ドワーフは地底、あるいは山をくりぬいた岩屋に住む種族である…

ハーフオークのせんし が きみを みている。

その呪われた出自から社会になじめず、傭兵や用心棒、あるいは冒険者に身をやつすハーフオークは多い。言葉こそ乱暴だが、ハーフオークは実際腕の立つ戦士だ。 アドベンチャラーズガイド:ハーフオーク③ 差別と暴力に晒され続けたハーフオークが、傭兵や暗殺…

ハーフオークのころしや が きみを みている。

ハーフオークの暗殺者。その目に宿る悲しみの理由を聞く者はいない。毒の塗られたクロスボウの矢が、今日も標的を狙う。 アドベンチャラーズガイド:ハーフオーク② 片方の親であるオークが短命なせいで、ハーフオークの寿命は人間よりも短い。にもかかわらず…

ハーフオークのじょけつ が きみを みている。

生まれの不幸に泣き暮れるのではなく、生来得た力を活かす事を選び、冷酷無比な殺し屋となったハーフオークの女傑。人間風情の女にはとうてい出来ぬ荒仕事も、彼女にすれば朝飯前だ。 アドベンチャラーズガイド:ハーフオーク① ハーフオークは、この世界に渦…

エルフのおんなまじゅつし が きみを みている。

神秘の巻物を読み上げ、今まさに魔法を放たんとしているエルフの女魔法使い。上品な唇の紡ぐ詠唱が、古い力で空気を満たしてゆく。 アドベンチャラーズガイド:エルフ④ エルフの芸術は、繊細さと優美さが身上だ。歌と楽の音は精妙極まる和音で恍惚を呼び起こ…

ハーフエルフのせんし が きみを みている。

エルフと人間の間に生まれた彼は、人間の社会ではエルフとして、エルフの社会では人間として扱われ続けてきた。かくて流れ者となったハーフエルフは、自分を友と呼ぶ仲間たちのために、その類まれな剣技と弓の腕を用いる。 トラベラーズガイド:ハーフエルフ…

エルフのかるわざし が きみを みている。

エルフの弓手はすぐれた盗賊でもある。警備の厳重な砦に忍び込むことなど造作もない。鈎付き縄があれば、たとえ垂直な石壁でも、彼は音さえ立てず登ってゆくだろう。 アドベンチャラーズガイド:エルフ② エルフは、他者のものを盗む、という感覚を持たない。…

エルフのまほうけんし が きみを みている。

剣の道と魔法の道の双方を歩むことも、長命のエルフにすれば造作もない。エルフの魔法剣士は、ごう慢な態度に見合うだけの実力も持つことだろう。 アドベンチャラーズガイド:エルフ① エルフは歌と星空を愛する、善良な亜人間である。多くの伝説で不死と謳わ…

おんなぶとうか が きみを みている。

自らの信仰に従って旅をしている尼僧。聖職者にもかかわらず、西方の僧侶が使用を禁じられている刃つきの武器を、平然と持ち歩いている。いやはや、東方の神々とは謎めいた存在である。 アドベンチャラーズガイド:モンク(武闘家)② 東方から伝来したものと…

おんなのぶせ が きみを みている。

二振りの剣で武装し、背中に弓矢をたずさえた野伏の女。右の長剣で敵の攻撃を難なくそらし、左の短剣は、寸分たがわぬ正確さで敵の急所を貫くだろう。 アドベンチャラーズガイド:レンジャー(野伏)② 野伏はたいてい単独で行動しているが、孤立無援の風来坊…

やじんのおんなせんし が きみを みている。

北方に生きる野人の女は、美しいだけではない。南方で冒険者となった理由が何であれ、この麗しき女戦士は、ひとかどの戦士を凌ぐ勇猛さで、血路を切り開くだろう。 アドベンチャラーズガイド:バーバリアン(野人)② 文明社会に属さない「野蛮なる民」のうち…

ハーフエルフのドルイド が きみを みている。

エルフと人間の間に生まれたがゆえに両方の種族から疎まれ、ドルイドとなった彼女の心中を知るものは、友である鳥だけだ。少なくとも、今のところは。 アドベンチャラーズガイド:ドルイド(古代僧)② ドルイドは大自然の守護者である。生命の誕生と成長、そ…

おんなまじゅつし が きみを みている。

物静かな外見とは裏腹に、炎のような気性を持つ女魔術師。笏(しゃく・ワンド)の先に燃え上がる松明の火は、魔力の依り代になるとか。 アドベンチャラーズガイド:ウィザード(魔術師)③ ウィザードは、基礎的な“一般魔法”に加え、何種類もある魔法体系のう…

にそう が きみを みている。

神より借りた癒しの力で人々を助ける尼僧。だが、彼女は単なる癒し手ではない。手にしたフレイルを振るい、悪逆の徒に死の救済をもたらす戦士でもあるのだ。 アドベンチャラーズガイド:クレリック(聖職者)③ クレリックのすべてが男性ではない。女の僧、す…

おんなとうぞく が きみを みている。

素早い身のこなしと剣さばき。隠密に優れ、錠前外しも朝飯前。女盗賊には気をつけろ。彼女が盗むのは物だけじゃない。 アドベンチャラーズガイド:シーフ(盗賊)③ 盗賊の多くは、自分を盗賊と名乗るような阿呆な真似をせず、軽装備の戦士としてふるまうこと…

おんなせんし が きみを みている。

プレートメイルに身をつつみ、ヒーターシールドとロングソードで武装した女戦士。彼女に面倒をかけない方がいい。腕を切り飛ばされたくはなかろう? アドベンチャラーズガイド:ファイター(戦士)③ 戦士の多くは筋骨たくましい男性が多いが、同じくたくまし…

のぶせ が きみを みている。

森や広野の踏破に優れる屋外生活の達人であり、弓の名手でもある。野外での生存に関する深い知識と優れた狩りのわざは、一行の冒険を大いに助けてくれるだろう。 アドベンチャラーズガイド:レンジャー(野伏)① 地に潜みては見つけることあたわず、獲物を追…

せいきし が きみを みている。

全身をプレートアーマー(板金鎧)で包み込み、ロングソード(長剣)と盾で武装した聖騎士。融通の利かない堅物だが、その剣技と仲間に殉ずる気高き精神は、危機で必ず頼りになる。 アドベンチャラーズガイド:パラディン(聖騎士) 領主ではなく、特定の神…

ものかげに だれか いる!

毒薬を塗りつけたナイフのひと刺しを得意とする邪悪な暗殺者。とはいえただの殺人鬼ではなく、標的選びには、彼なりのルールがあるようだ。 アドベンチャラーズガイド:暗殺者(アサシン) 「食事中の心臓マヒ」「夜道で暴漢に襲われる」「夜会での不慮の事…

げんじゅつし が きみを みている。

魔法の巻物を取り出しつつ、不敵な笑みを浮かべる怪しげな異邦人。砂漠の国からやって来た幻術師の中には、予見の力を持つものもいるとか。 アドベンチャラーズガイド:イリュージョニスト(幻術師) まぼろしを操るウィザード。だが、それは単なるまやかし…

やじんのせんし が きみを みている。

北方からの流れ者。南方風の装備に身を固めているが、毛皮のマントが彼の出身を感じさせる。伸び放題の乱れ髪に、獣がごとき光る眼。この北方人、ただ者ではない。 アドベンチャラーズガイド:バーバリアン(野人)① 凍てつく大地に産まれついた北方人は優れ…

ぎんゆうしじん が はなしかけてきた。

君について回る吟遊詩人の優男。戦闘はからきし駄目だが、市内での情報集めや交渉、そして色事にはめっぽう強い。軽薄だが、どこか憎めない男だ。 アドベンチャラーズガイド:吟遊詩人(バード) 楽器の演奏と歌曲にすぐれた芸人。ほとんどは旅芸人一座に加…

ドルイド が きみを みている。

大自然の精霊を信仰する僧侶。樫の木に生えたヤドリギと、それを切り落とす三日月鎌が、彼らの聖なるシンボルだ。あまり陽気ではなく、どちらかというと付き合いづらい相手だが、善良な友人となってくれるだろう……君が彼の言う〈大自然の摂理〉を穢さぬかぎ…

ぶとうか が きみを みている。

東方武術を使いこなす旅の僧兵。しなやかな身体を縦横無尽に操っては柔よく剛を制し、「氣」を用いた格闘術では剛よく柔を断つ。東方の謎めいた神々を信仰するが、旅の目的は布教ではないようだ。 アドベンチャラーズガイド:モンク(武闘家)① 本来、モンク…

まじゅつし が きみを みている。(2)

旅姿の魔術師。詠唱に使うのであろう、数々の触媒も持ち歩いている。そう老齢ではないが、左手に抱える魔導書の知識は、彼に強大な魔力を授けているに相違あるまい。 アドベンチャラーズガイド:ウィザード(魔術師)② 魔術師は、地域や共同体によって、その…

まじゅつし が きみを みている。

様々な魔法で一行を助ける年老いた魔術師。魔法の灯を使うのを渋っているのか、ランタンを持っている。三角帽と蛇の錫杖を身につけた、老獪な知恵者だ。 アドベンチャラーズガイド:ウィザード(魔術師)① 広義では、魔法を扱える者を“魔法使い(マジックユ…

とうぞく が きみを みている。(2)

若いからといって未熟とは限らぬ。左右にショートソード(短剣)を構える姿を見るかぎり、彼の腕は確かだ。ただの軽業師と侮れば、命を落とすことになろう……。 アドベンチャラーズガイド:シーフ(盗賊)② 盗賊は、いつでも誰にでも手を出すわけではない。彼…