ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

オウルベアが あらわれた!

f:id:HermitInn:20170613141138j:plain

森における最大級の脅威。邪悪なわけではないが、本能にのみ従う凶暴な肉食獣であるため、君の友人にはなってくれないだろう。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

モンスターガイド:オウルベア

この恐ろしい動物がいつ、いかにしてこの世に現れたのか。現在では「魔法大戦において戦争の道具として作り出された獣が、〈大崩壊〉後に野生化したもの」という説が支配的である。その行動様式を見るにつけ、ひたすらに凶暴であることを除いては、通常の肉食動物とあまり変わらない。かの悪名高きキメラと同じく、複数の動物が混ぜ合わされた姿をしているため、〈深淵〉との関連を指摘する学者もいるが、真偽は不明だ。

 

オウルベア(アウルベア、フクロウグマ)は森の深奥に暮らしており、水場を含む広い範囲を行動圏としている。彼らが人里に近づくことはほとんどないが、人間やその他の知的種族が自身の縄張りに近づくと、必ずと言っていいほど襲ってくる。オウルベアは、自身の生活圏に知的種族が入り込むことを極端に嫌うのだ。それ以外、オウルベアはクマと酷似した習性を持つ。ただし、仔を出産するのではなく、産卵するという点で、フクロウの特徴も引き継いでいるようだ。

 

オウルベアのオスとメスを見分けるのは簡単だ。オスは、ワシやタカを思わせる長いクチバシを持ち、その目は切れ長で小さい。メスは、フクロウと同じような顔をしており、その目は高い知性をたたえているように思える(実際の知能はクマと大差ない)。産卵後に卵をかえし、仔守りをするのはもっぱらオスの役目で、メスは家族を養うための狩りをする。万一遭遇すれば、オスでもメスでも、オウルベアは恐るべき敵となるだろう。

 

なお、オウルベアの卵は、コボルドやオーク豚、ノールの間で美味な食物として珍重される他、オウルベアの爪とクチバシは、魔術の触媒としてエルフや人間の間で高値で取引される。それゆえ善悪の区別なく、様々な種族がオウルベアの巣を探し回っているのだ。オウルベアは森における最大最恐の肉食動物であるが、彼らがその数を減らし続けているのは、こうした背景もある。

ネクロマンサーが あらわれた!(2)

f:id:HermitInn:20170501022858j:plain

おそらく、かつては善人だったのであろう。だがその夢はすでに歪み、元の形すら留めていない。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

モンスターガイド:ネクロマンサー(死霊術師)②

〈負の魔力〉の発見は、人間がこの世界に最初の文明を築いたのと同じくらいに古いと言われている。他の種族よりはるかに短命で、それ故に強い欲と活力を発揮する、人間という種族が直面する「死」と直結している力だからだ。古代文明の遺跡を見れば、古代人すらも強く「死」を意識し、恐れ、また憎んでいた様を伺い知る事ができよう。そして現在でも、「死」は人間が最も恐れ、しかし逃れ得ぬ宿命であり続けている。

  

死霊術と現在呼ばれるこの魔法の起源は、砂漠に興った古代文明に遡るという。かの地において、歴代王朝の王侯貴族はこぞって巨大な墓を作り、死後の世界においても自分の権勢を保とうとした。死体の保存技術は現在とは比べるべくもないほど進歩しており、あるいは死そのものを欺くため、様々な学問が発達したという。今日のネクロマンサー達が用いる死霊術は、かの砂漠文明が遺した〈死者の書〉とその関連書物に由来している。死者復活の儀式はむろん、死者の魂と会話したり、あるいは支配下に置くといった死霊術の源流は、砂漠の失われし古代文明にあるのだ。

 

幾星霜をへて死霊術は散逸、変質し、新たな呪法も見出され、今や元の姿をほとんど留めないまでにはなったが、「死を克服し、意のままに操る」という術者たちの欲は、失われるばかりか、ますます強まっているようである。それゆえか、〈負の魔力〉は、名だたる魔力の源のうちでも、ことさらその勢いを増しつつあるようだ。それがどういう意味なのか、またそれが一体何を引きおこそうとしているかを、術者たちは知るよしもない……。

ネクロマンサーが あらわれた!(1)

f:id:HermitInn:20170501132022j:plain

直接攻撃の呪文こそ多くを知らぬが、不死者に関する知識とその支配力にかけて、ネクロマンサーの右に出る者はいない…少なくとも、限りある命を持つ者の中では。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

モンスターガイド:ネクロマンサー(死霊術師)①

ネクロマンサー。死霊術師の名でわかるように、このウィザードたちは、死とそれに関連する事物と近しい。数ある魔法体系の中でも、ことさら陰気にして密やかなる魔法の使い手であると言えよう。彼らが力の源とするのは、死と悲しみが集う場所に澱む〈負の魔力〉*1に他ならぬ。

  

ネクロマンサーを志す者が、元々悪人であったとは限らない。親しき友や近親者の死を悲しむあまり、禁断の呪法とされる死霊術の道へ足を踏み入れる者は多い。だが、どんな動機であったにせよ、〈負の魔力〉に触れるうちに、術者の魂は堕落し、腐り、歪んでゆく。入り口がどこであろうと、彼らが辿る狂気の道と、向かう先は一つなのだ。

 

ネクロマンサーは死を欺き、使役し、支配する事に酔いしれる。力をつけたネクロマンサーは、やがては自身の死すら欺き、己の暗き王国を建てようとするであろう。無論、ほとんどの者がその道程で脱落し、おぞましい運命を辿るのだが、その野望を叶えた一握りの者だけが、リッチーとなるのだ。

*1:〈負の魔力〉については、「アンデッド」の各項でも解説している

オーク・ブルート が あらわれた!(2)

f:id:HermitInn:20161024132515j:plain

剣や斧で武装し、ラウンドシールド(丸盾)で武装したオーク・ブルートの一団。鎧兜を身につけている戦士もいる。戦いが長引かないよう注意しろ。 

 

f:id:HermitInn:20161024131953j:plain

モンスターガイド: オーク・ブルート② 

オーク・ブルートは刺青や戦化粧をことさら好むため、その大柄な体とあわせ、とりたてて恐ろしく見えることだろう。用いる武器や防具も、オーク豚やオークの使うものよりはるかに武骨で、雑な作りだ。オーク・ブルートは、物を「手入れする」という観念を持たないため、その武器防具は、たいてい錆びついてボロボロである。

 

オーク・ブルートにとって、武器の切れ味など関係ない。形はどうあれ、すべて棍棒のように使うのだから。防具とて同じだ。ヒビが入ろうが、壊れようが、気にすることはない。欲しくなれば、また奪えばよいのだ。

リザードマン が あらわれた!

f:id:HermitInn:20170227221247j:plain

その知性は決して高くない。だが、彼らをただの直立トカゲと考える者には、無残な死だけが待っている。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

モンスターガイド:リザードマン①

どこからともなく西方の沼地に住み着いた種族。リザードマンが一体どこからやってきたかを正確に知る者はいない。南方の密林に隠された王国、海を渡ったはるか西方の土地、南海に浮かぶ孤島など、学者によってその説はまちまちだ。一つ分かっているのは、西方の沼地に居着いた彼らの文化と知性が、祖先よりもひどく退行していることである。

 

f:id:HermitInn:20170227221510j:plain

 

沼地のリザードマンは、衣服らしい衣服をほとんど身につけず、ボロボロの腰布と、骨で作った粗雑な首飾りを稀にまとっているぐらいだ。その体は硬いウロコに覆われているため、防具は実際必要とせず、盾も昔の名残で持っているだけだ。めいめいに武器も持つが、扱いはそれほど上手とは言えない。だが、彼らは恐るべき戦士だ。しなやかな尾による一撃と、その巨大なアゴによるひと噛みこそ、彼らが最も得意とする攻撃なのだから。