読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハーミットイン 冒険の記録

世界のオールドスクール・ファンタジーミニチュア(28mm)と、水溶性カラー「コートデアームズ」のセレクトショップ「ハーミットイン」のブログ。

ネクロマンサーが あらわれた!(2)

f:id:HermitInn:20170501022858j:plain

おそらく、かつては善人だったのであろう。だがその夢はすでに歪み、元の形すら留めていない。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

モンスターガイド:ネクロマンサー(死霊術師)②

〈負の魔力〉の発見は、人間がこの世界に最初の文明を築いたのと同じくらいに古いと言われている。他の種族よりはるかに短命で、それ故に強い欲と活力を発揮する、人間という種族が直面する「死」と直結している力だからだ。古代文明の遺跡を見れば、古代人すらも強く「死」を意識し、恐れ、また憎んでいた様を伺い知る事ができよう。そして現在でも、「死」は人間が最も恐れ、しかし逃れ得ぬ宿命であり続けている。

  

死霊術と現在呼ばれるこの魔法の起源は、砂漠に興った古代文明に遡るという。かの地において、歴代王朝の王侯貴族はこぞって巨大な墓を作り、死後の世界においても自分の権勢を保とうとした。死体の保存技術は現在とは比べるべくもないほど進歩しており、あるいは死そのものを欺くため、様々な学問が発達したという。今日のネクロマンサー達が用いる死霊術は、かの砂漠文明が遺した〈死者の書〉とその関連書物に由来している。死者復活の儀式はむろん、死者の魂と会話したり、あるいは支配下に置くといった死霊術の源流は、砂漠の失われし古代文明にあるのだ。

 

幾星霜をへて死霊術は散逸、変質し、新たな呪法も見出され、今や元の姿をほとんど留めないまでにはなったが、「死を克服し、意のままに操る」という術者たちの欲は、失われるばかりか、ますます強まっているようである。それゆえか、〈負の魔力〉は、名だたる魔力の源のうちでも、ことさらその勢いを増しつつあるようだ。それがどういう意味なのか、またそれが一体何を引きおこそうとしているかを、術者たちは知るよしもない……。

ネクロマンサーが あらわれた!(1)

f:id:HermitInn:20170501132022j:plain

直接攻撃の呪文こそ多くを知らぬが、不死者に関する知識とその支配力にかけて、ネクロマンサーの右に出る者はいない…少なくとも、限りある命を持つ者の中では。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

モンスターガイド:ネクロマンサー(死霊術師)①

ネクロマンサー。死霊術師の名でわかるように、このウィザードたちは、死とそれに関連する事物と近しい。数ある魔法体系の中でも、ことさら陰気にして密やかなる魔法の使い手であると言えよう。彼らが力の源とするのは、死と悲しみが集う場所に澱む〈負の魔力〉*1に他ならぬ。

  

ネクロマンサーを志す者が、元々悪人であったとは限らない。親しき友や近親者の死を悲しむあまり、禁断の呪法とされる死霊術の道へ足を踏み入れる者は多い。だが、どんな動機であったにせよ、〈負の魔力〉に触れるうちに、術者の魂は堕落し、腐り、歪んでゆく。入り口がどこであろうと、彼らが辿る狂気の道と、向かう先は一つなのだ。

 

ネクロマンサーは死を欺き、使役し、支配する事に酔いしれる。力をつけたネクロマンサーは、やがては自身の死すら欺き、己の暗き王国を建てようとするであろう。無論、ほとんどの者がその道程で脱落し、おぞましい運命を辿るのだが、その野望を叶えた一握りの者だけが、リッチーとなるのだ。

*1:〈負の魔力〉については、「アンデッド」の各項でも解説している

オーク・ブルート が あらわれた!(2)

f:id:HermitInn:20161024132515j:plain

剣や斧で武装し、ラウンドシールド(丸盾)で武装したオーク・ブルートの一団。鎧兜を身につけている戦士もいる。戦いが長引かないよう注意しろ。 

 

f:id:HermitInn:20161024131953j:plain

モンスターガイド: オーク・ブルート② 

オーク・ブルートは刺青や戦化粧をことさら好むため、その大柄な体とあわせ、とりたてて恐ろしく見えることだろう。用いる武器や防具も、オーク豚やオークの使うものよりはるかに武骨で、雑な作りだ。オーク・ブルートは、物を「手入れする」という観念を持たないため、その武器防具は、たいてい錆びついてボロボロである。

 

オーク・ブルートにとって、武器の切れ味など関係ない。形はどうあれ、すべて棍棒のように使うのだから。防具とて同じだ。ヒビが入ろうが、壊れようが、気にすることはない。欲しくなれば、また奪えばよいのだ。

リザードマン が あらわれた!

f:id:HermitInn:20170227221247j:plain

その知性は決して高くない。だが、彼らをただの直立トカゲと考える者には、無残な死だけが待っている。

 

f:id:HermitInn:20161023021303j:plain

モンスターガイド:リザードマン①

どこからともなく西方の沼地に住み着いた種族。リザードマンが一体どこからやってきたかを正確に知る者はいない。南方の密林に隠された王国、海を渡ったはるか西方の土地、南海に浮かぶ孤島など、学者によってその説はまちまちだ。一つ分かっているのは、西方の沼地に居着いた彼らの文化と知性が、祖先よりもひどく退行していることである。

 

f:id:HermitInn:20170227221510j:plain

 

沼地のリザードマンは、衣服らしい衣服をほとんど身につけず、ボロボロの腰布と、骨で作った粗雑な首飾りを稀にまとっているぐらいだ。その体は硬いウロコに覆われているため、防具は実際必要とせず、盾も昔の名残で持っているだけだ。めいめいに武器も持つが、扱いはそれほど上手とは言えない。だが、彼らは恐るべき戦士だ。しなやかな尾による一撃と、その巨大なアゴによるひと噛みこそ、彼らが最も得意とする攻撃なのだから。

ハーミットイン「冒険の記録」へようこそ

 

f:id:HermitInn:20170418181057j:plain

ここは小さな宿屋だ。酒場に行けば、小さな暖炉の周りに集まった冒険者たちが、色々な冒険譚を聞かせてくれるだろう。商店では、君が見たこともないような、あるいはどこかで見たような品々が、ろうそくの薄明かりに照らされて君を出迎えてくれるはずだ。二階の屋根裏部屋も訪ねてみるといい。隠された工房の秘密を覗けるかもしれない。森に行くなら気をつけろ。そこは怪物たちの棲む場所だ…。

 

ようこそ

オールドスクール・ファンタジーミニチュアの魅力が解説される場所であり、商店(オンラインストア)や図書室(note)ともつながる場所だ。ここでは、「冒険の記録」をどう楽しむかについて紹介しよう。

 

ミニチュアエントリー

それぞれのエントリーには、解説がある。これらは、君たちにオールドスクール・ファンタジーの世界観を紹介し、想像力と創造力の翼を広げてもらうため、ハーミットインで特別に書き起こしたものである。オールドスクール・ファンタジーになじみのない人にとっては、良いとっかかりになるはずだ。これは、様々なメーカーから届けられたミニチュアたちを、ひとつのオールドスクール・ファンタジー世界観にまとめる試みでもある。

 

すべてのミニチュアエントリーを読めば、君もオールドスクール・ファンタジー博士だ。次は実際にミニチュアを集め、この世界を君自身の手で完成させてほしい。

 

いうまでもなく、「冒険の記録」での解説はひとつの例にすぎない。君のミニチュアが描き出す世界の持ち主は、他ならぬ君自身なのだ。ハーミットインの解説を拠り所にして楽しんでもいいし、君が望むように変えてもよいし、完全に無視してもかまわない。ここで紹介された解説を参考に、君自身のオールドスクール・ファンタジー世界を作り上げてもらえれば嬉しいかぎりだ。

 

ミニチュアかいせつ

君は数々の冒険者と知り合い、村人や町人と話し、従者を雇い、数々の怪物たちと出会うことになるだろう。ここでは、コレクションスタイルに合わせてミニチュアを整理してある。探検する楽しみを味わってくれ。

 

 種族・種別で探したい

タイトルの下に「冒険者」「オーク」「トロール」「ドワーフ」といったように、ミニチュアの種族や職業、あるいは種類別のタグを見つけることになるだろう。これは、君の手がかりだ。気になるミニチュアに出会ったら、記事についているタグをクリックするか、タップしてみろ。そのミニチュアの「仲間」たちが君を出迎えてくれるはずだ。

 

《メーカー》で探したい

ハーミットインでは、世界のミニチュアメーカー各社から選りすぐったアイテムを取り揃えている。もし君が、メーカー別にミニチュアを見たいのなら、メーカーのタグを見るといい。ブログ内において、メーカーの名前はすべて《》でくくられているが、「商店」では《》なしで検索してくれ。

 

【ミニチュアデザイナー】で探したい

ミニチュアは、デザイナーによる手作業で原型が作られ、熟練のモールドメーカーによって複製され、経験豊かなキャスターの手で型抜きされる。デザイナーの中には、特定メーカーだけでなく、複数のメーカーで活躍しているデザイナーも多い。デザイナーはそれぞれ独自のスタイルや味わいを持っているものだ。特定のミニチュアデザイナーを追いかけてコレクションを楽しむのも面白い。ブログ内において、デザイナーの名前タグはすべて【】でくくられているが、「商店」では【】なしで検索してくれ。

 

これは未完だ

「冒険の記録」は、君にとっての旅だけではない。俺たちハーミットインにとっても、これは果てしのない冒険だ。このブログは未完であり、始まったばかりである。これからも数々のエントリーが追加されていくだろう。実際、商店にミニチュアはあっても、初公開(2017年4月19日12:00)の時点で、ブログにまだエントリーのないミニチュアがある。どれがそうかは、君自身が確かめてくれ。

 

今後、ハーミットイン商店には新製品がドンドン追加されてゆくし、一方で、姿を消すミニチュアたちも出てくるだろう。17年の4/23に「インデックス」が追加されたように、今後もどんどん姿を変えてゆくだろうし、noteやストアと連動した何かがあるかもしれない。

 

この場所は生きている。その道程も含めて、共に楽しんでゆけたら嬉しい。

 

楽しんでくれ!

 

 

 

f:id:HermitInn:20170202132504j:plain